Pecron社について

 

Pecron本社「Shenzhen Miyang Technologies Co., Ltd.」は、2012年06月05日に設立した営業・開発・製造が三位一体となり、世界各地のお客様のニーズに応え、安全で高品質なポータブル電源とソーラーパネルの開発を目指して先端技術会社。


Pecronは、10年の経験と技術を積み重ねた、この分野で世界各国で多数のブランド企業と業務提携を行っていました。

 

 

◆ 研究開発ストーリー

Pecron研究開発チームは、2012年からポータブル電源の研究を行っています。10年の発展を経て、弊社はポータブル電源の分野で豊富な経験を蓄積してきました。

 

◆ 社会貢献

2020年2月23日、 新型コロナウイルス感染症の重症患者を治療するための人工呼吸器などの医療機器に非常用電源を供給するため、Pecronは武漢市の新型コロナウイルス感染症の指定病院からPecron非常用電源の借用要請を受けました。

弊社は当日中に迅速に梱包作業を手配し、新型コロナウイルス感染症の流行によるロジスティックスの課題を克服し、多機能な救急医療用の電源を多数発送し、寄付しました。それらは今でも新型コロナウイルス感染症の重症患者を治療するための人工呼吸器などの医療機器の非常用電源として使用されています。

 

 優れた品質管理体制

製品の安全性は弊社にとって常に最優先事項です。Pecronは優れた品質管理体制を採用しています。工場から出荷される前に、それぞれの製品は繰り返しのテストと数十種の検査が行われます。お客様にご満足いただける製品を提供するために最善を尽くしております。